子どもの教育環境なども考慮した 家選びが必要

マイホームを購入する際の検討事項として忘れてはならないのが、「子供の成長」です。

 

というのも、子どもが大きくなって住んで‘いたマンションが手狭になったとか、子どもに転校をさせたくないので小学校入学までに家を購入しておきたいなど、子どもの成長とマイホームの購入は密接に関係しているからです。
 

また、子どもの教育環境を重視して家を選ぶ人も多くいます。
 

進学塾が近くにあるかとか、人気のある校区であるとか、教育熱心な親が多いかなど、そうした「文教地区Jと呼ばれるところを選んで家を購入する人が増えています。
 

このような「文教地区Jは、人気も高く、おのすと土地の値段も上がります。
 

そして、苦労して購入した後も、塾の費用や近所の見栄もあって、意外とお金がかかることもあるようです。
 

中には、毎日幼稚園の送り迎えに行く際の洋服代だけでも、毎月1~2 万円以上かかると嘆いていた奥様もいました。
 

また、小学校のPTAでも、中学受験に関する情報が飛び交い、受験しない児童の親は蚊帳の外といったことを話されている奥様もいました。
 

いずれにしても、家選びは子どもの教育環境を重視して決めるご家庭が多くいます。
 

また、そうして購入した後も、子どもの教育のためにさらにお金が必要となることが、もはや必然となっています。
 

ギリギリの資金計画でマイホームを購入するのではなく、進学塾などの費用も計算に入れて検討するようにしておきましょう。
 

家 相続 売却をご検討の方はコチラ。

欲しい家でなく返済可能 な家かどうかを考える

銀行は住宅ロ-ンに積極的

 

アメリカ発の世界同時不況の影響で、日本経済も一気に冷え込んでいます。

 

その影響を最も受けたといわれているのが不動産業界で、また、その不動産業界に多額の融資をしていた銀行などの金融機関もまた、多大な被害を被っています。

 

そこで銀行芯どは、不動産業向けの融資を圧縮し、一部の金融機関では、住宅ローンの貸出においても以前ほど積極的でないととろもあります。

 

しかし、銀行もお金を貸して、その利子でもって利益を上げている以上、お金を貸さないわけにはいきません。

 

この不況で、安心して融資ができる企業が少芯くなっていることからも、結果、延滞率の少ない住宅口ーンでお金を貸出する状況となっています。

 

今や、銀行の住宅ローンは変動金利で1%前後といった低金利であり、顧客かうは利用しやすくなっていることからも、銀行が住宅ローンに注力していることは間違いないでしょう。

 

「借りられる」より「返せる」家を

 

住宅ローンが低金利で借りやすくなっている状況では、銀行もドンドン融資をしてくれます。

 

低金利だけでなく、融資金額においても、購入額の100%と大盤振る舞いしている銀行もあります。

 

しかし、借りられるからといって多額の借金を背負って困るのは、返済していく顧客自身です。「借りられる」から借りるのではなく、「返せる」住宅ローンを利用するよう心がけてください。

ライフプラン表を 作成してみる

将来にお金がどのくらい必要なのか

 

住宅ローンを利用してマイホームを購入すれば、当然、その住宅ローンを返済していかなければ芯りません。

 

毎月旧万円前後の住宅ローンを返済しているご家庭も多く、これは決して楽ではない金額です。

 

また、住宅購入後も、子どもの教育費やマイカーの買い替えなど想定以上のお金がかかるととがあります。

 

かっ、将来の増税や年金支給額の減額など、見通しの立たない未来への備えも必要となります。

 

そこで、住宅購入前に、将来、いつ、どのくらいの出費があるのかというライフプランを立てておく乙とをおすすめします。

 

子どもの成長に合わせて、高校や大学入学時にどのくらいお金が必要で、そのために毎月どの程度貯金しておけばいいのかということを把握した上で、マイホームを購入すべきかどうかを検討するようにしましょう。

 

予定が変更となっても、返済は待ってくれない

 
仮に、子どもには公立高校に進学してもらう予定だったものが、私立高校に進学すると芯った場合、予定外の出費となります。

 

しかし、こうしたライフプランの変更があっても、病気や失業といった特別の事情がないかぎり、住宅ローンの返済を待ってもらうことはできません。

 

マイホームの購入前に、こうした状況も考慮に入れた上で検討するようにしてください。

 

 

定期借地権付住宅を購入 する際の注意点とは?

定期信地権の仕組み

 

定期借地権とは、文字通り「期」聞が「定」められた土「地」を「借」りる「権」利のことです。

 

一般的に、個人向けの土地は期闘が印年以上と定められており、期間満了後には建物を取り壊して更地にして、所有者に返還しなければ芯りません。

 

通常の「借地」と「定期借地」との遣いは、「借地」ならば契約を更新して住み続けることが可能ですが、「定期借地」は期限が到来すれば、その後の更新はできす、先に説明したとおり、更地にして返還しなければなうないという点です。

 

ただ、土地を購入するだけでも地域によっては数千万円が必要に芯ります。

 

それをお年といった住宅ローンで返済していく負担を考慮すると、借地に対する賃料を支払うことで毎月の支払負担を抑えるととができるわけですから、財布にとってやさしい制度だともいえるでしょう。

 

 

毎月の返済負担が少なくて済む

 

たとえば、土地から建物まですべてを購入する場合に比べ、土地を借地とした場合は、建物の費用だけ住宅ローンを借りればいいことに芯ります。

 

もちろん、土地に対する賃料を支払う必要がありますが、それでも、定期借地権付住宅では、土地を購入する場合に比べ、毎月の支払負担が数万円違ってくることもあります。

 

ただし、定期借地権付住宅の住宅ローンを取り扱っていない金融機関もありますので、ご注意ください(フラットおでは取り扱っています)。

 

家 無料査定をお考えの方はコチラ。

 

 

親子リレーの住宅口ーン もある

親子リレーの住宅ローンとは?

 

親が定年間近の59歳で、その子がお歳だとして、この親子、が2世帯住宅を購入するとしましょう。

 

そこで、子の名義で住宅ローンを借りようとしたものの、大学を卒業してからの勤続年数も短く、かつ収入もまだ少ないとなれば、希望額の住宅ローンを借りることができない可能性が高いです。

 

また、親の名義で借りるにしても、もうすぐ定年間近で、また住宅ローンの場合、完済時の年齢が80歳となっており、逆算すれば返済期聞が引年のローンしか借りられなくなります。

 

このような場合、親が借りた住宅ローンを子に引き継ぐことができれば、2世帯住宅の購入が可能となりますよね。

 

これが、親子リレー住宅口lンです。原則、親子が同居するのが条件ですが、フラットおでは、数年後に同居予定というケースも例外的に認めています。

 

 

安定した収入に年金は含まれ拡い

 

親子リレー住宅ローンの申し込みには、注意しなければ芯らないことがあります。

 

それは、親が無職では困るということです。

 

住宅口ーンは、返済能力のある人が債務者になる必要があります。

 

返済能力とは、安定した収入があるということであり、残念ながら年金は、ローンの審査上、これに該当しません。

 

したがって、親子りレーの住宅ローンは、親が在職中に借入するようにしましょう。

店舗付住宅を購入する際 の注意点とは?

届舗面積が2分の1以下であることが条件

 

自舗付住宅を購入する場合、住宅ローンを利用するにあたっては、居舗部分の面積に対する条件があります。

 

なぜなら、住宅ローンは、一般の個人の方々が生活の原点である住居を持つということを目的として貸し出されるものであり、宮利目的に利用する乙とを禁じているからです。

 

営利、か絡まないからこそ、金融機関側は金利も他の口ーンに比べ低利で融資しているのです。

 

ただし、現実問題として、居舗付住宅のすべてに住宅ローンの利用を認めないというわけではなく、その居舗部分の面積が建物全体の2分のl以下であれば、住宅ローンの利用を認めている金融機関が大半です。

 

届舗付住宅を販売する不動産会社や建築会社も、この2分の1という数字は心得ています。

 

実際に販売されている屈舗付住宅の多くは、その届舗部分の面積が2分の1以下となっているようです。

 

 

事業が永続的に維持できるのか

 

もうひとつ、白舗付住宅の購入にあたって注意をしておきたいのが、事業の永続性です。

 

たとえば、庖舗を居酒屋として商売を始めた場合、そのローン返済期間中のお年という歳月を商売し続けうれるのかということです。

 

同じ場所で顧客かう飽きられす商売を続けるのは、意外に難しいものです。

 

脱サラして商売を始めたものの、数年で屈をたたむということのないよう、綿密な事業計画を立ててから住宅ローンを利用しましょう。

中古住宅を購入する際の注意点とは?

申古住宅はローン金額が削減されるととも

 

中古住宅を購入する際に注意したいのが、その中古住宅の耐用年数です。

 

これは、木造住宅で包年、鉄筋コンクリート造の住宅で幻年といった基準があります。

 

これを銀行の住宅ローン審査基準に当てはめていうと、築缶年の木造住宅が2000万円で販売されていたとしても、銀行としては、建物の価格評価はゼ口ということになるのです。

 

仮に、この中古住宅が、土地1500万円、建物500万円の合計2000万円で売り出されていたとしても、銀行としては建物の評価はゼロのため、土地代1500万円分しか住宅ローンを貸し出しできないという姿勢なのです。

 

また、新築住宅であれば、購入価格の100%を貸出する金融機関もありますが、中古住宅は、築年数によって住宅ローンの金額が削減されるとともあります。

 

 

耐周年数次第でローン期聞が左右される

 

住宅ローンの期間は新築でお年ですが、これも短縮されることがあります。

 

取ぜなら、仮に築缶年の中古住宅を購入するにあたり、期間お年の住宅ローンを借りるとすると、完済時には築印年となるわけですが、老朽化でこの聞に住宅を建て替えするととも想定されるからです。

 

特に、築年数によるローン期闘が定められているわけではありませんが、築年数が耐用年数を超えている物件に関しては、金融機関にローン期聞を確認しておいたぼう怖かいいでしょう。

マンションを購入する際 の注意点とは?

建物に対する条件がある

 

一戸建て住宅同様に、マンションに対しても面積等の条件があります。

 

フラットおの場合、面積は30平方メートル以上と定められており、かっ、二戸建て住宅同様、検査機関による検査や調査判定を受けなければなりません。

 

民間の金融機関においても、ワンルームマンションなどの狭い物件に対しては、住宅ローンの利用ができないことがあります。

 

なぜなら、ワンルームマンションだと、資産運用の一環として学生芯どに賃貸目的で購入する人も多くいるのですが、そうした営業目的には住宅ローンを利用できないことになっているのです。

 

したがって、民間の金融機関においても、面積による条件をつけているところもあります。

 

 

新築マンションは下落幅が大きい

 

新築マンションの場合、購入した時点でその価値が大きく下落するケースがあります。

 

4000万円の新築マンションでも、購入後l年も経てば、その価値は半減していることも考えられます。

 

もちろん、すべての物件がそうであるとは言いませんが、一戸建てに比べると下落幅が大きいと言われています。

 

したがって、もし、購入後に何5かの理由で売却するととになった場合、予想以上に価格が下落し、売却価格以上のローンが残ってしまっている可能性も高いというととになりますので、ご注意ください。

一戸建て住宅を購入する際の注意点とは?

土地や建物に条件がある

 

一戸建て住宅を購入する場合ですが、住宅金融支援機構のフラットおを利用する場合、土地の面積が刀2m以上であることが条件となっています。

 

建物においても、新築ならば検査機関による設計・現場検査を受け、住宅金融支援機構の定める技術基準に適合しているととを証明する適合証明書の交付を受けなければなりません。

 

同じく、中古住宅においても、検査機関または適合証明技術者による調査判定を受ける必要があります。

 

一方、銀行などの民間金融機関は、各金融機関によって対応は様々です。

 

特に基準を設けていないととろもあれば、土地の面積は日計以上が条件という銀行もあります。

 

ただ、矢口金融機関とも、法令に遵守した物件であることが求められています。

 

つまり、工場地帯芯どの住宅を建築してはいけない地域の物件や、違法建築の物件は住宅ローンの対象外となっています。

 

 

土地を購入してかSの注文建築は注意が必要

 

注文建築など、先に土地を購入し、その土地に建物を建築する場合は注意が必要です。

 

土地を先行取得するときに、その土地購入代金に住宅ローンを利用しようと思っても、フラットおは土地と建物の同時取得にしか利用できないのです。

 

さらに、民間でも積極的な対応をしてくれないケースが見うれます。

 

注文建築の場合、住宅ローンの利用に際しては細心の注意が必要なのです。

住宅ローンの期間は何歳まで借りることが適当なのか?

定年の年齢を知っておとう

 

ますサラリーマンの場合、定年というものがあります。

 

かつては「定年60歳」といったイメージがありましたが、現在では閃歳といった会社も増えているようです。

 

しかしその反面、終身雇用や年功序列といった雇用形態を維持でき芯くなっているのも事実です。

 

そのうえ、白歳からもらえるべき年金も、現在のお年寄りの方々が受給している金額より減ってしまうことが確実となっています。

 

将来の、特に老後の先行きが不透明な状況では、老後に大きな負担を残す住宅ローンは避けたほうが無難かと思われます。

 

 

期間は長めに、繰り上げ返済を活用

 

老後に住宅ローンを残さ芯いように、印歳までに返済を終えてしまう生活設計もいいのですが、そのために毎月の返済額が過大となってしまうのは避けたいところです。

 

そこで、勤務先の会社が、どのくらいの退職金を支給してくれるのかといったことも、事前に確認しておきましょう。

 

毎月の返済は、生活にゆとりを持てるように、返済期聞を長めに設定しておくことが大切です。

 

そして、退職金などで繰り上げ返済をするというのが、理想的な生活設計だといえます。