Monthly archives: 4月 2015

ライフプラン表を 作成してみる

将来にお金がどのくらい必要なのか

 

住宅ローンを利用してマイホームを購入すれば、当然、その住宅ローンを返済していかなければ芯りません。

 

毎月旧万円前後の住宅ローンを返済しているご家庭も多く、これは決して楽ではない金額です。

 

また、住宅購入後も、子どもの教育費やマイカーの買い替えなど想定以上のお金がかかるととがあります。

 

かっ、将来の増税や年金支給額の減額など、見通しの立たない未来への備えも必要となります。

 

そこで、住宅購入前に、将来、いつ、どのくらいの出費があるのかというライフプランを立てておく乙とをおすすめします。

 

子どもの成長に合わせて、高校や大学入学時にどのくらいお金が必要で、そのために毎月どの程度貯金しておけばいいのかということを把握した上で、マイホームを購入すべきかどうかを検討するようにしましょう。

 

予定が変更となっても、返済は待ってくれない

 
仮に、子どもには公立高校に進学してもらう予定だったものが、私立高校に進学すると芯った場合、予定外の出費となります。

 

しかし、こうしたライフプランの変更があっても、病気や失業といった特別の事情がないかぎり、住宅ローンの返済を待ってもらうことはできません。

 

マイホームの購入前に、こうした状況も考慮に入れた上で検討するようにしてください。

 

 

定期借地権付住宅を購入 する際の注意点とは?

定期信地権の仕組み

 

定期借地権とは、文字通り「期」聞が「定」められた土「地」を「借」りる「権」利のことです。

 

一般的に、個人向けの土地は期闘が印年以上と定められており、期間満了後には建物を取り壊して更地にして、所有者に返還しなければ芯りません。

 

通常の「借地」と「定期借地」との遣いは、「借地」ならば契約を更新して住み続けることが可能ですが、「定期借地」は期限が到来すれば、その後の更新はできす、先に説明したとおり、更地にして返還しなければなうないという点です。

 

ただ、土地を購入するだけでも地域によっては数千万円が必要に芯ります。

 

それをお年といった住宅ローンで返済していく負担を考慮すると、借地に対する賃料を支払うことで毎月の支払負担を抑えるととができるわけですから、財布にとってやさしい制度だともいえるでしょう。

 

 

毎月の返済負担が少なくて済む

 

たとえば、土地から建物まですべてを購入する場合に比べ、土地を借地とした場合は、建物の費用だけ住宅ローンを借りればいいことに芯ります。

 

もちろん、土地に対する賃料を支払う必要がありますが、それでも、定期借地権付住宅では、土地を購入する場合に比べ、毎月の支払負担が数万円違ってくることもあります。

 

ただし、定期借地権付住宅の住宅ローンを取り扱っていない金融機関もありますので、ご注意ください(フラットおでは取り扱っています)。

 

家 無料査定をお考えの方はコチラ。