Monthly archives: 9月 2015

子どもの教育環境なども考慮した 家選びが必要

マイホームを購入する際の検討事項として忘れてはならないのが、「子供の成長」です。

 

というのも、子どもが大きくなって住んで‘いたマンションが手狭になったとか、子どもに転校をさせたくないので小学校入学までに家を購入しておきたいなど、子どもの成長とマイホームの購入は密接に関係しているからです。
 

また、子どもの教育環境を重視して家を選ぶ人も多くいます。
 

進学塾が近くにあるかとか、人気のある校区であるとか、教育熱心な親が多いかなど、そうした「文教地区Jと呼ばれるところを選んで家を購入する人が増えています。
 

このような「文教地区Jは、人気も高く、おのすと土地の値段も上がります。
 

そして、苦労して購入した後も、塾の費用や近所の見栄もあって、意外とお金がかかることもあるようです。
 

中には、毎日幼稚園の送り迎えに行く際の洋服代だけでも、毎月1~2 万円以上かかると嘆いていた奥様もいました。
 

また、小学校のPTAでも、中学受験に関する情報が飛び交い、受験しない児童の親は蚊帳の外といったことを話されている奥様もいました。
 

いずれにしても、家選びは子どもの教育環境を重視して決めるご家庭が多くいます。
 

また、そうして購入した後も、子どもの教育のためにさらにお金が必要となることが、もはや必然となっています。
 

ギリギリの資金計画でマイホームを購入するのではなく、進学塾などの費用も計算に入れて検討するようにしておきましょう。
 

家 相続 売却をご検討の方はコチラ。

欲しい家でなく返済可能 な家かどうかを考える

銀行は住宅ロ-ンに積極的

 

アメリカ発の世界同時不況の影響で、日本経済も一気に冷え込んでいます。

 

その影響を最も受けたといわれているのが不動産業界で、また、その不動産業界に多額の融資をしていた銀行などの金融機関もまた、多大な被害を被っています。

 

そこで銀行芯どは、不動産業向けの融資を圧縮し、一部の金融機関では、住宅ローンの貸出においても以前ほど積極的でないととろもあります。

 

しかし、銀行もお金を貸して、その利子でもって利益を上げている以上、お金を貸さないわけにはいきません。

 

この不況で、安心して融資ができる企業が少芯くなっていることからも、結果、延滞率の少ない住宅口ーンでお金を貸出する状況となっています。

 

今や、銀行の住宅ローンは変動金利で1%前後といった低金利であり、顧客かうは利用しやすくなっていることからも、銀行が住宅ローンに注力していることは間違いないでしょう。

 

「借りられる」より「返せる」家を

 

住宅ローンが低金利で借りやすくなっている状況では、銀行もドンドン融資をしてくれます。

 

低金利だけでなく、融資金額においても、購入額の100%と大盤振る舞いしている銀行もあります。

 

しかし、借りられるからといって多額の借金を背負って困るのは、返済していく顧客自身です。「借りられる」から借りるのではなく、「返せる」住宅ローンを利用するよう心がけてください。