住宅ローンの期間は何歳まで借りることが適当なのか?

定年の年齢を知っておとう

 

ますサラリーマンの場合、定年というものがあります。

 

かつては「定年60歳」といったイメージがありましたが、現在では閃歳といった会社も増えているようです。

 

しかしその反面、終身雇用や年功序列といった雇用形態を維持でき芯くなっているのも事実です。

 

そのうえ、白歳からもらえるべき年金も、現在のお年寄りの方々が受給している金額より減ってしまうことが確実となっています。

 

将来の、特に老後の先行きが不透明な状況では、老後に大きな負担を残す住宅ローンは避けたほうが無難かと思われます。

 

 

期間は長めに、繰り上げ返済を活用

 

老後に住宅ローンを残さ芯いように、印歳までに返済を終えてしまう生活設計もいいのですが、そのために毎月の返済額が過大となってしまうのは避けたいところです。

 

そこで、勤務先の会社が、どのくらいの退職金を支給してくれるのかといったことも、事前に確認しておきましょう。

 

毎月の返済は、生活にゆとりを持てるように、返済期聞を長めに設定しておくことが大切です。

 

そして、退職金などで繰り上げ返済をするというのが、理想的な生活設計だといえます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>