一戸建て住宅を購入する際の注意点とは?

土地や建物に条件がある

 

一戸建て住宅を購入する場合ですが、住宅金融支援機構のフラットおを利用する場合、土地の面積が刀2m以上であることが条件となっています。

 

建物においても、新築ならば検査機関による設計・現場検査を受け、住宅金融支援機構の定める技術基準に適合しているととを証明する適合証明書の交付を受けなければなりません。

 

同じく、中古住宅においても、検査機関または適合証明技術者による調査判定を受ける必要があります。

 

一方、銀行などの民間金融機関は、各金融機関によって対応は様々です。

 

特に基準を設けていないととろもあれば、土地の面積は日計以上が条件という銀行もあります。

 

ただ、矢口金融機関とも、法令に遵守した物件であることが求められています。

 

つまり、工場地帯芯どの住宅を建築してはいけない地域の物件や、違法建築の物件は住宅ローンの対象外となっています。

 

 

土地を購入してかSの注文建築は注意が必要

 

注文建築など、先に土地を購入し、その土地に建物を建築する場合は注意が必要です。

 

土地を先行取得するときに、その土地購入代金に住宅ローンを利用しようと思っても、フラットおは土地と建物の同時取得にしか利用できないのです。

 

さらに、民間でも積極的な対応をしてくれないケースが見うれます。

 

注文建築の場合、住宅ローンの利用に際しては細心の注意が必要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>