マンションを購入する際 の注意点とは?

建物に対する条件がある

 

一戸建て住宅同様に、マンションに対しても面積等の条件があります。

 

フラットおの場合、面積は30平方メートル以上と定められており、かっ、二戸建て住宅同様、検査機関による検査や調査判定を受けなければなりません。

 

民間の金融機関においても、ワンルームマンションなどの狭い物件に対しては、住宅ローンの利用ができないことがあります。

 

なぜなら、ワンルームマンションだと、資産運用の一環として学生芯どに賃貸目的で購入する人も多くいるのですが、そうした営業目的には住宅ローンを利用できないことになっているのです。

 

したがって、民間の金融機関においても、面積による条件をつけているところもあります。

 

 

新築マンションは下落幅が大きい

 

新築マンションの場合、購入した時点でその価値が大きく下落するケースがあります。

 

4000万円の新築マンションでも、購入後l年も経てば、その価値は半減していることも考えられます。

 

もちろん、すべての物件がそうであるとは言いませんが、一戸建てに比べると下落幅が大きいと言われています。

 

したがって、もし、購入後に何5かの理由で売却するととになった場合、予想以上に価格が下落し、売却価格以上のローンが残ってしまっている可能性も高いというととになりますので、ご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>