中古住宅を購入する際の注意点とは?

申古住宅はローン金額が削減されるととも

 

中古住宅を購入する際に注意したいのが、その中古住宅の耐用年数です。

 

これは、木造住宅で包年、鉄筋コンクリート造の住宅で幻年といった基準があります。

 

これを銀行の住宅ローン審査基準に当てはめていうと、築缶年の木造住宅が2000万円で販売されていたとしても、銀行としては、建物の価格評価はゼ口ということになるのです。

 

仮に、この中古住宅が、土地1500万円、建物500万円の合計2000万円で売り出されていたとしても、銀行としては建物の評価はゼロのため、土地代1500万円分しか住宅ローンを貸し出しできないという姿勢なのです。

 

また、新築住宅であれば、購入価格の100%を貸出する金融機関もありますが、中古住宅は、築年数によって住宅ローンの金額が削減されるとともあります。

 

 

耐周年数次第でローン期聞が左右される

 

住宅ローンの期間は新築でお年ですが、これも短縮されることがあります。

 

取ぜなら、仮に築缶年の中古住宅を購入するにあたり、期間お年の住宅ローンを借りるとすると、完済時には築印年となるわけですが、老朽化でこの聞に住宅を建て替えするととも想定されるからです。

 

特に、築年数によるローン期闘が定められているわけではありませんが、築年数が耐用年数を超えている物件に関しては、金融機関にローン期聞を確認しておいたぼう怖かいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>