店舗付住宅を購入する際 の注意点とは?

届舗面積が2分の1以下であることが条件

 

自舗付住宅を購入する場合、住宅ローンを利用するにあたっては、居舗部分の面積に対する条件があります。

 

なぜなら、住宅ローンは、一般の個人の方々が生活の原点である住居を持つということを目的として貸し出されるものであり、宮利目的に利用する乙とを禁じているからです。

 

営利、か絡まないからこそ、金融機関側は金利も他の口ーンに比べ低利で融資しているのです。

 

ただし、現実問題として、居舗付住宅のすべてに住宅ローンの利用を認めないというわけではなく、その居舗部分の面積が建物全体の2分のl以下であれば、住宅ローンの利用を認めている金融機関が大半です。

 

届舗付住宅を販売する不動産会社や建築会社も、この2分の1という数字は心得ています。

 

実際に販売されている屈舗付住宅の多くは、その届舗部分の面積が2分の1以下となっているようです。

 

 

事業が永続的に維持できるのか

 

もうひとつ、白舗付住宅の購入にあたって注意をしておきたいのが、事業の永続性です。

 

たとえば、庖舗を居酒屋として商売を始めた場合、そのローン返済期間中のお年という歳月を商売し続けうれるのかということです。

 

同じ場所で顧客かう飽きられす商売を続けるのは、意外に難しいものです。

 

脱サラして商売を始めたものの、数年で屈をたたむということのないよう、綿密な事業計画を立ててから住宅ローンを利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>