定期借地権付住宅を購入 する際の注意点とは?

定期信地権の仕組み

 

定期借地権とは、文字通り「期」聞が「定」められた土「地」を「借」りる「権」利のことです。

 

一般的に、個人向けの土地は期闘が印年以上と定められており、期間満了後には建物を取り壊して更地にして、所有者に返還しなければ芯りません。

 

通常の「借地」と「定期借地」との遣いは、「借地」ならば契約を更新して住み続けることが可能ですが、「定期借地」は期限が到来すれば、その後の更新はできす、先に説明したとおり、更地にして返還しなければなうないという点です。

 

ただ、土地を購入するだけでも地域によっては数千万円が必要に芯ります。

 

それをお年といった住宅ローンで返済していく負担を考慮すると、借地に対する賃料を支払うことで毎月の支払負担を抑えるととができるわけですから、財布にとってやさしい制度だともいえるでしょう。

 

 

毎月の返済負担が少なくて済む

 

たとえば、土地から建物まですべてを購入する場合に比べ、土地を借地とした場合は、建物の費用だけ住宅ローンを借りればいいことに芯ります。

 

もちろん、土地に対する賃料を支払う必要がありますが、それでも、定期借地権付住宅では、土地を購入する場合に比べ、毎月の支払負担が数万円違ってくることもあります。

 

ただし、定期借地権付住宅の住宅ローンを取り扱っていない金融機関もありますので、ご注意ください(フラットおでは取り扱っています)。

 

家 無料査定をお考えの方はコチラ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>