親子リレーの住宅口ーン もある

親子リレーの住宅ローンとは?

 

親が定年間近の59歳で、その子がお歳だとして、この親子、が2世帯住宅を購入するとしましょう。

 

そこで、子の名義で住宅ローンを借りようとしたものの、大学を卒業してからの勤続年数も短く、かつ収入もまだ少ないとなれば、希望額の住宅ローンを借りることができない可能性が高いです。

 

また、親の名義で借りるにしても、もうすぐ定年間近で、また住宅ローンの場合、完済時の年齢が80歳となっており、逆算すれば返済期聞が引年のローンしか借りられなくなります。

 

このような場合、親が借りた住宅ローンを子に引き継ぐことができれば、2世帯住宅の購入が可能となりますよね。

 

これが、親子リレー住宅口lンです。原則、親子が同居するのが条件ですが、フラットおでは、数年後に同居予定というケースも例外的に認めています。

 

 

安定した収入に年金は含まれ拡い

 

親子リレー住宅ローンの申し込みには、注意しなければ芯らないことがあります。

 

それは、親が無職では困るということです。

 

住宅口ーンは、返済能力のある人が債務者になる必要があります。

 

返済能力とは、安定した収入があるということであり、残念ながら年金は、ローンの審査上、これに該当しません。

 

したがって、親子りレーの住宅ローンは、親が在職中に借入するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>