欲しい家でなく返済可能 な家かどうかを考える

銀行は住宅ロ-ンに積極的

 

アメリカ発の世界同時不況の影響で、日本経済も一気に冷え込んでいます。

 

その影響を最も受けたといわれているのが不動産業界で、また、その不動産業界に多額の融資をしていた銀行などの金融機関もまた、多大な被害を被っています。

 

そこで銀行芯どは、不動産業向けの融資を圧縮し、一部の金融機関では、住宅ローンの貸出においても以前ほど積極的でないととろもあります。

 

しかし、銀行もお金を貸して、その利子でもって利益を上げている以上、お金を貸さないわけにはいきません。

 

この不況で、安心して融資ができる企業が少芯くなっていることからも、結果、延滞率の少ない住宅口ーンでお金を貸出する状況となっています。

 

今や、銀行の住宅ローンは変動金利で1%前後といった低金利であり、顧客かうは利用しやすくなっていることからも、銀行が住宅ローンに注力していることは間違いないでしょう。

 

「借りられる」より「返せる」家を

 

住宅ローンが低金利で借りやすくなっている状況では、銀行もドンドン融資をしてくれます。

 

低金利だけでなく、融資金額においても、購入額の100%と大盤振る舞いしている銀行もあります。

 

しかし、借りられるからといって多額の借金を背負って困るのは、返済していく顧客自身です。「借りられる」から借りるのではなく、「返せる」住宅ローンを利用するよう心がけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>