子どもの教育環境なども考慮した 家選びが必要

マイホームを購入する際の検討事項として忘れてはならないのが、「子供の成長」です。

 

というのも、子どもが大きくなって住んで‘いたマンションが手狭になったとか、子どもに転校をさせたくないので小学校入学までに家を購入しておきたいなど、子どもの成長とマイホームの購入は密接に関係しているからです。
 

また、子どもの教育環境を重視して家を選ぶ人も多くいます。
 

進学塾が近くにあるかとか、人気のある校区であるとか、教育熱心な親が多いかなど、そうした「文教地区Jと呼ばれるところを選んで家を購入する人が増えています。
 

このような「文教地区Jは、人気も高く、おのすと土地の値段も上がります。
 

そして、苦労して購入した後も、塾の費用や近所の見栄もあって、意外とお金がかかることもあるようです。
 

中には、毎日幼稚園の送り迎えに行く際の洋服代だけでも、毎月1~2 万円以上かかると嘆いていた奥様もいました。
 

また、小学校のPTAでも、中学受験に関する情報が飛び交い、受験しない児童の親は蚊帳の外といったことを話されている奥様もいました。
 

いずれにしても、家選びは子どもの教育環境を重視して決めるご家庭が多くいます。
 

また、そうして購入した後も、子どもの教育のためにさらにお金が必要となることが、もはや必然となっています。
 

ギリギリの資金計画でマイホームを購入するのではなく、進学塾などの費用も計算に入れて検討するようにしておきましょう。
 

家 相続 売却をご検討の方はコチラ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>