病気になったら住宅ロー ンは借りられないのか?

民聞の住宅ローンは団信加入が条件

 

マイホームが欲しいと思い、銀行に住宅ローンを申し込んだところ、過去に大きな病気をしたことを理由に、住宅ローンを断られたといったケースがあります。これは、銀行などの民間の金融機関の場合、その多くが住宅ローンを融資する条件として、団体信用生命保険(団信)の加入を義務付けているからです。この団信とは伺かというと、もし住宅ローンを返済中に、ローンを借りた一家の大黒柱に万が一があった場合、生命保険金より住宅ローン残額を一括して返済するというものです。結果、残された家族は、ローンの返済をしなくてもいいという仕組みになっています。このように、遺族が住宅ローンの返済で苦しむこ
とのない、ありがたい制度となっています。しかし、団信といえども生命保険である以上、大きな病気を患ったことがあったりすると生命保険の加入が断られるのと同じで、この住宅ローンの団信も加入できないことになります。したがって、「団信の加入ができないリ住宅ローンが借りられ芯い」ことになるのです。

 

フラット35団信は任意加入

 

これに対し、住宅金融支援機構のフラットおの場合は、団信は任意加入となっています。つまり、加入するかどうかは自由ということです。ただし、加入を希望する場合には、別途、保険料の負担が発生しますので己注意ください。

 

 

 

住宅ローンの 借り入れ基準は?

フラット35の主な審査内容

 

これまで、住宅ローンにおいて多くの方が利用してきた住宅金融公庫は、平成百年に住宅金融支援機構となり、民営化されました。この住宅金融公庫の住宅ローンを利用するメリットとしてあげられたのが、金利が固定されていることでした。固定金利ということで毎月の返済額も変動することがなく、住宅購入後の生活における資金的な計画が立つこともあり、人気があったのです。そこで、この住宅金融公庫が住宅金融支援機構として民営化されてからも、固定金利の魅力を維持しようと、現在もフラットおという名で固定金利型の住宅ローン、が扱われています。フラットおについては後ほど詳しく説明しますが、ローンの基準自体は、多くの人が利用できるように勤続年数の制限等がない芯ど、その利用基準は緩やかなものとなっています。

 

民間の住宅ローンの主な審査内容

 

一方、銀行や信用金庫などが扱う住宅ローンですが、こちらも旧年ほど前だと、勤続年数や年収画芯どを厳しく問われたりもしましたが、以前に比べると緩やかになっているように思われます。勤続年数においても、例えばヘッドハンテイングなど、転職していくごとに収入がステップアップしていく人もいるので、その勤続年数を問わない銀行もあります。審査内容は各金融機関によって違います。

住宅ローンとは何か?

資格住宅購入の際には住宅口ーンを利用

 

夢のマイホームの購入となると、その購入金額が3000万円以上といった高額になるということもあり、現金で購入する人はごく少数です。そこで、銀行などの金融機関でお金を借りてマイホームを購入し、その購入した家に住みながら、借りたお金を返していくことになります。このように、金融機関が個人の顧客に対し、住居を購入するための資金を融資するのが「住宅ローン」です。したがって、金融機関から融資されたお金は、住
宅購入資金に充当されるのが絶対条件であり、マイカーの購入資金や、消費者金融からの借り入れの返済のために住宅ローンを使うことはできません。

 

銀行を利用する人が7割超

 

住宅ローンを利用する人は減少傾向とはいえ、平成百年においても、旧兆円もの住宅ローンが貸し出されています。このうち4分の3にあたる力%が銀行から貸出されており、民営化された住宅金融支援機構からの貸し出しは1兆円弱で、割合にして約5%となっています。また、旧兆円もの金額が住宅口lンとして賃し出されていますが、仮に1件あたりの住宅ローン借入額を3000万円とすれば、約臼万件と芯ります。貸出金額は前年比1割減となっているものの、依然、60万人超という多くの人が、住宅ローンを利用してマイホームを購入しているのです。

Hello world!

Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or delete it, then start blogging!